ホーム>医王寺住職ブログ

医王寺住職ブログ

『慈雲尊者法語集』から

『慈雲尊者法語集』から

 

〇眞正に佛を禮するものは、佛の他に自心なく、自心の外に佛なく

 佛すなはち自心なり。自心即佛なり。

 一切衆生もまたしかなり。山河大地もまたしかなり。此中生もなく

 滅もなく、本来成仏して更に別法なし。

 

〇見聞覚知いづれのところか解脱界ならざる。色声香味なに物か実相ならざる。

 我愛増上する所虚空も妄想となる。執着兆すところ風雲も昧境となる。みず

 や心清浄故有情浄。

 

〇天地を以てわが心とせば、到るところ安楽なり。日月を以て我光明とせば

 二六時中くらきことなし。何をか天地を我心とすと云ふ、事にふれて私なく

 二六時中障りなければ、元来そのところ清浄身なり。

 

〇菩提心とは今新たに発起する事にあらず。本来の自心なり。此心一切衆生に
同じければ、いきとし生るものを見ること一子の如し。此心本来清浄なれば

 一切の煩悩無明その跡をとどめず。此心本来微妙なれば一切法門我家の宝蔵なり。

 此心すなはち諸佛の無上菩提なれば、自身に凡夫地をはなるべし。法の邪正を

 察して心にその私なければ、一切時一切処に萬善をのずからそなはる也。

 

〇心動ずれば山河大地も動ず。

 心動きなければ風雲鳥獣もその動揺なし。

 無心のところ、寿あり福あり。

 散乱のところ病生じ憂生ず。天地と共に安住して千秋萬春。

 

〇人は人となるべし。此の人となり得て、神ともなり佛ともなる。

 

〇雪  窓外友として書を読むべし。

 月  天上千萬年つねにわが心地をてらす。

 花  世中の憂喜此地にわする。

慈雲尊者の法語は清新流麗であり、讀む者をして「心地開明してをのづからその

疲れを忘れ」しめるが、それは尊者の境涯の天真独郎・虚霊不昧なるに由るものである。

また、我々は尊者の法語から、佛教の深い意味を知ると共に、広く東洋的の人生観・

自然観に就いて教へられるところが大きいのである。(木南卓一先生のことば)

HPのブログが反映されない異常事態

拙寺のホ-ムペ-ジには定期的に住職のぶろぐを更新しております。ですが、更新記事を
みようとして、ホ-ムペ-ジにある住職ブログの項目をクリックしてみても、記事が
反映されないという事態になっております。

ちょっとした用事で親しいお檀家と電話していたら、ブログの件が話題になりました。

わたしもパソコンを開いてみた、やはり更新記事が繁栄されていないことがわかりました。

なので、業者にみてもらいたいと思います。

蛍を見た

  夏ともなると若い時分には近所の小川でよく蛍をみたものです。しかし、
 その後はそんなささやかな夜の散歩の楽しみもすっかり忘れてしまいました。

 幸い、知人の情報でやさしい篠笛の奏でる音楽を楽しんだ後、付近を流れる小川で蛍をみる
機会があり、嬉しくかんじたことです。今年の嬉しい出来事となりました。

西郷南洲の「失題」という漢詩があるそうです。

 我が家の松籟塵縁を洗ふ

 耳に満つるの清風身遷ならんと欲す

 謬って京華名利の客と作り

 此の声聞かざること已に三年

まさにこの詩の如く蛍を探しながら「ホッ、ホッ蛍来い、あっちの水は甘いぞ・・・」と

近所の友達と夜遊びをしたことを、懐かしく思い起こしたことです。

書道の日です

今月最初の書道の稽古日。新人さんを迎えて、和気藹藹書の
楽しみを続けています。継続それも毎日ちょっとづつ休まないで

続けるうちに、上達します。

尊徳先生ゆかりの宿『福住楼』

箱根温泉には二宮尊徳先生ゆかりの宿があります。まだたずねてはいませんが、
箱根に出かけた時には泊まってみたいですね。

福住楼は先生四大人の一人として名高い福住正兄が営んでいた和風旅館。
現在でも子孫がその経営にあたっておられるようです。名著『二宮翁夜話』を
読んで、感動した人も多いですね。

正兄が尊徳先生に入門師事したのは21歳の弘化二年十月です。その後
五年間先生の身辺で先生の薫陶を受けたのでした。

その様子は「夜話」の自跋によるとこうあります。

  春雨梅雨の徒然、秋冬の長夜、師無聊に耐玉はず。予をして古書を朗読せしめ、
  心に適する処あれば、その章について講説あり。来状の開封にも、文案の
  執筆にも又同じく説話あり。

  朝暮夜具の片付、茶飯の給仕、夜は肩を打ち腰をもみ、出張には刀をして
  随ひ、次席に侍り。総て教訓を多く聞けるは此故なり。

 箱根福住楼のげ現在

富田高慶の人となり

名著『報徳記』の著者富田の人となりについては岩崎敏夫著『二宮尊徳の研究』に掲載されているのが
具体的で参考になる。尊徳先生の第一の高弟といわれた人物の生活とはいわば
師匠である尊徳先生の生き方をそのまま自身の生活で実践したことにつきると
おもわれる。

 高慶は沈毅謹直、自己には厳しく外に対しては寛大であった。自分は常に
 節倹を守るが、他には与えることが多かった。道を聞く人があれば懇切丁寧
 を極め、事に処しては明敏果断、ことに戊辰役に仙台藩につかいしたときなど、
 千里に使いして君命を恥ずかしめずという古い言葉その通りであったという。
 度量広く忍耐力にも富んでいた。

 風雨寒熱の別なく、毎朝鶏鳴に起きては村内戸毎にまわるのが彼の日課
 であったが、けっして人を起こしたり、特に励ます言葉をかけたりする
 ことはなく、すべてが彼自身の勉強のためであった。

 いつも握り飯を腰に下げ接待の湯茶以外はうけなかった。遠方の村
 に出てまれに泊ることがあっても酒は出させず、飯と一汁の他は
 出されても用ず、贈物は大根一本と雖も受けず、職員にも一さい
 これにならわせた。

 名利に恬淡な彼は、よく師の教えを守り、二十七年の仕法施行を通して
 一度も藩の地位につかず、藩の一粒の粟をも受けず、生活に困るときは
 尊徳から貰い、あるいは僅かに荒地を藩から借りて、その収穫をもって
 背勝の資にあてた。その土地も明治になって官に返してる。

 利欲に恬淡なことは富田家の家風で、父もそうであり、甥の高行も同様
 であった。

 高慶はまた何事にも綿密で計画性に富み、かつきちょうめんな性格であった。

 その書簡の一つを見ても、いかに長文のものでも、はじめから終りまで
 少しの乱れも示さず首尾一貫脱字も誤字もほとんどみられない。それは
 堅忍不抜つとめてやまない性格とも通づるものである。

まさに先師尊徳の生き方に随順するという信念を貫いた尊い一生なんですね。相馬藩士の
鏡でしょう。感動ものです。

『報徳記』の現代語訳がでました

二宮尊徳の代表的後継者として有名な相馬藩士富田高慶の『報徳記』の現代語訳が最近またでましたね。
福島県の偉人としても忘れられない人物です。

尊徳先生の第一の後継者富田高

尊徳先生が娘の文子さんを嫁がせるに足る人物と自他ともに許された人物です。あの西郷隆盛
も富田と面会し、その仕法を絶賛。郷里の鹿児島でも実行しようとしたくらいです。残念
なことにその後政界から飛び出してしまい実際にはおこなわれなくなってしまったのは
返す返すも残念です。

二宮尊徳先生の弟子として有名なのは富田高慶、その甥っ子の相馬藩士斎藤高行、『二宮翁夜話』
で知られる福住正兄、岡田良一郎などなどです。『報徳記』が宮内庁の許可を得て出版された明治

時代から名著として版を重ねてきて現代でも良き影響を与え続け得ているんですね。その名著
が致知出版社から発売中です。まだ未読の方にはぜひ読書の友として座右に備えていただきたい

ですね。

現代語訳『報徳記』

テレビで坐禅取材!

26日午後から福島テレビによる坐禅の取材がありました。放映日七月一日
午後六時台だそうです。一二分程度だとおもいますけど、時間のある人は

観てください。

誠明院さまの息女

誠明院功誉報徳中正居士。これは二宮尊徳の戒名です。江戸時代後期一大農政家

として70年の尊い生涯を閉じた我が国の偉人ですが、その戒名までで知る人
は少ないでしょう。その息女の文子さんのことになれば、報徳関係に詳しい人材で
ないと興味もわかないかもしれませんね。

尊徳先生は一介の貧農から出発して56歳には幕臣の御普請役に取り立て

られた人物です。厳しい封建制度のただ中で異例の出世をされたのは、先生の提唱され
た農村復興事業のすばらしさが幕府にまで深く浸透していたからに他なりません。

お百姓がお侍に取り立てられたこと自体は素晴らしいことですが、そうした名誉であっても

下っ端役人にすぎない立場でした。

先生は31才のときに きの女(19才)と結婚しましたが、服部家仕法の際に

、同意が得られず嫁のほうからの申し出で破局しました。きの女との間には長男徳太郎が

生まれたのでしたが一月余であえなく死亡してしまいます。そんなこと

も離婚の原因になったのでしょうか。その後、服部家の下女をしていた波女

(16才)と再婚し一男一女を授かります。長男尊行(弥太郎)と長女文子です。
長女が出生したのは先生38歳の時でした。

成人した文子は父親の仕法に尽くした女性で、書や絵画にすぐれた人物です。

先生ご自身は出身地の栢山の親戚に嫁がせようとの思いもあったようで
すが、婚期を逸した文子が嫁いだ相手は高弟の儒者富田高慶でした。

富田は熱心に報徳仕法を体得、実質的な先生の後継者とされる相馬中村藩

の御武家さん。ご両人の結婚式には先生が立て込んだ仕法の都合上、やむなく
欠席しその代理には弥太郎の岳父が世話をしたのでした。因みに

長男弥太郎長女文子の結婚は同じ年の嘉永五年四月と八月で、文子は相馬中村で

挙式しました。文子が結婚するためにわが郷土いわきを通過した記録があります。
結婚式の世話役をした衣笠兵太夫が臨席できなかった尊徳に

宛てた書簡です。

 先月青木村勘右エ門宅にてお文様御一所に相成り、・・・四日目湯本駅本陣久

 太郎佐右ヱ門方泊りの節、暁より大風雨故早朝出立相成り申さず見合
 わせ居り候処、雨晴れ候につき五つ時頃出立、磐城平御城下迄った
 四つ時過ぎ着仕り候処、御城下外れ鎌田川洪水にて渡舟相成り申さず、

 空しく一日逗留仕、翌日川明の様子篤と見届けさせ候上、出立仕りその後何の差支えこれ

 無く、先月二十六日中村御城下へ上下無難に到着仕り候。
 

新妻となったのでしたが、それもつかのま翌年六月に死児を分娩し、産後の日だちが

悪く、三十歳の若さであえなく他界してしまいました。

 当時弥太郎から父尊徳への書簡にはこう述べられております。

「今明方東郷着致し候処、母上様始め一同当惑相嘆き、誠に以て看病残る

 所なく十分行届き候へども、おふみ事養生相叶ひ申さず、作七日夕七
 つ半頃病死、誠に以て驚入り、一同嘆息仕り候」

最愛の有能な秘書でもあった長女を失った先生の深い悲しみが胸を打ち

ますね。以前相馬にある文子様の墓参りを家内と
共にしたのですが、改めて当時を思い起こしました。

 

 

「複写ハガキ」の世界

   人生とは 人様との"であい"の連続だとも言え    その毎日を「複写ハガキ"に刻み込む人生は 後から自分の 心の歴史を     ふり返る ことが できるので    しかも それが あらゆる生活の面にわたりますので 一種の 自伝を毎日書いている    といいうことに なるようです。    そのように「複写ハガキ」の世界は じつに 広く 深く    それは それぞれの 書く人が 創り上げるもの   創造の 世界です                (『一枚のハガキ・第二集』 坂田成美著)  

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
ページの先頭へ戻る