医王寺住職ブログ

柿くえば鐘が( ^ω^)・・・

柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺 とは正岡子規の有名な俳句です。最近の鐘は 金券の鐘ですね。新聞雑誌記事でうるさいほど鳴っています。ゴ-ンゴ-ン・・・。 まだ煩悩を払うために打つ除夜の鐘には早すぎませんか。今年は一足先に ゴ-…

フラットツイン

今回の熊本旅行では黒川温泉から車で5分のところにあるフラットツインという ペンションに宿泊しました。高原にあるペンションでした。特に期待していた のではないですけど思いのほいい宿でした。 宿泊したログペンション三棟と台所…

kasamoyou

いわき市在住の万華鏡作家赤津純子女史の作品展が今年も銀座まつやで 開かれました。毎年恒例となった作品展も連続11回目。 根強い人気がありますね。今年の新作はこれまでの手のひらサイズではなく両眼でみる オイルタイプだそうで…

講演会がありました

15日には講演会がありました。久し振りでのおしゃべりで90分べらべら とお話をしてきました。衣姿のいで立ちで大本山での修行の思い出話 やら人生についての所感を述べさせていただきました。  講演の後は会社の忘年会で引き続き…

第一回 旧蔵内邸 文人サロン

先月24日には熊本におりました。表題にあるように旧蔵内邸で行われた第一回 文人サロンに家内と友人と三人で 参加してきました。家内の生け花の先生がその腕を披露するというので、熊本旅行となりました。 九州は筑豊炭田など一世を…

たこ風外とは

前回紹介した風外慧薫和尚は江戸時代前の禅僧です。こちらの たこ風外さんは江戸時代後期に活躍した老師です。お二人とも わが曹洞宗に属します。宗門最高の本格的画家としてすこぶる 有名な禅匠です。なんといってもこの老師の会下か…

穴風外と蛸風外

穴風外と蛸風外
あな風外とたこ風外といわれて、アレッと思いませんか。何のことなのか 見当もつきませんね。それもそのはず。これは禅僧のあだ名なんです。 先月行われた第32回曹洞宗禅文化の会に参加したところ穴風外さんゆ かりの風外屈を訪ねる…

ゴ-ン氏の強欲っぷり

巷で大騒動しているフランス人ゴ-ン氏ですが・・・。人間の欲は 際限ないものだと感心するやら呆れるやら。  欲楽の満足を與へ栄華の十分を享けしむるは、木の葉を與えて  児の啼きを賺(す)かす其にもまして愚のことなり。   …

横額を掛けました

横額を掛けました
30畳の広間に横額をかけました。自彊術体操を毎朝この部屋でしています。  油断しているとついサボってしまう弱っかしの自分への戒めでもあり ます。不断の努力の大切さを述べた中国の古典「易経」にある言葉です。 どんな道へ進も…

志をたてるとは・・・

人間が志を立てるという事は、いわば ロ-ソクに火を点ずるようなものです。 ロ-ソクは、火を付けられて初めて光を放つものです。 同様にまた人間は、その志を立てて初めて その人の真価が現れるのです。 志を立てない人間というも…